導入事例 - 株式会社日之出運輸 中国様|IT点呼キーパー公式
ホーム>導入事例>株式会社日之出運輸 中国様

導入事例

株式会社日之出運輸 中国様

http://www.hinode-unyu.jp/

岡山県岡山市東区浅川284番地3

HINODE&SONS株式会社グループ子会社。

中国5県での共同配送および、中国地方から全国各地への長距離幹線配送。

拠点7拠点(岡山県3拠点、広島県2拠点、山口県1拠点、鳥取県1拠点)。

車両台数122台。

365日24時間配送の拠点や、土日祝日は休みの拠点など、拠点により様々な配送形態がある。

画像

IT点呼キーパーの導入に至った経緯について

長距離輸送便ではスポットでの配送依頼が多いため、車庫を出発する時間が毎日異なり、営業時間外の点呼対応に苦慮していました。そこで、夜間・日曜・祝日にIT点呼を活用するため、全7拠点にてGマークを取得。認定機器としてIT点呼キーパーを選定し、運輸支局へ届出しました。現在では、夜間・日曜・祝日の点呼係選任者を本社へ配備してIT点呼を運用しています。

弊社システムの選定のポイント

国土交通省の認定機器であった事。また他社製品と比較検討を行いましたが、イニシャルコストやランニングコスト共にコストパフォーマンスに優れているのもポイントの一つです。他にも本社で行ったIT点呼結果をデータとして集約し、各拠点にてExcelフォーマットで点呼簿が作成・編集できる事や、点呼簿との連動により点呼簿作成時間が短縮できることで、事務所スタッフの生産性向上につながるとの考えに至り、導入を決意しました。

導入後の成果について

休息時間の管理が従来より厳密に行う事が可能となった為、拘束時間の短縮につながりました。また営業時間中に各拠点で行う対面点呼・遠隔地での中間電話点呼・夜間や祝祭日でのIT点呼時のデータがクラウドにて一元化され、どこの拠点からでもリアルタイムに実施状況の確認およびデータのエクスポートが可能となり、非常に便利になりました。

今後の展望や要望など

スマートフォンを活用した点呼を行っていきたいです。

導入事例一覧へ戻る