ホーム>導入事例

導入事例

  • NEW

    それぞれの車庫に運行管理者をおかなくても、IT点呼で表情が確認できるところが非常に大きなメリット。

    東京商運株式会社様

  • 前回点呼後からの経過時間が一目で分かり、オ-バ-ワ-クにならないよう確認がスム-ズに。

    株式会社山中運輸様

  • 各営業所や運行管理者の業務時間の平均化に成功。緊急対応時には円滑に点呼業務を実施できた。

    テーエス運輸株式会社様

  • 休息時間の管理を従来より厳密に行う事が可能になり、拘束時間が短縮。スタッフの生産性も向上した。

    株式会社日之出運輸 中国様

  • 管理の一元化の実現に成功。管理の手間やコストのムダを省き、点呼体制の信頼性が向上。

    湖南運輸株式会社様

  • 24時間拠点を中心に点呼業務を行えるようになり、実施率が格段にUP。運行管理者の業務負担も軽減できた。

    富士運輸株式会社様

  • 導入前まで複数拠点で同時発生していた運行管理者の時間外労働が削減。外部原価の削減が可能に。

    SBSリコーロジスティクス株式会社様

  • 全事業所の点呼執行方法が標準化され点呼の質が向上。運行管理者の労務管理上の改善効果が生まれた。

    株式会社つばめ急便様

  • 操作画面が非常に分かりやすかったのが決め手。点呼を行う運行管理者の確保の悩みが解消された。

    もりか運送株式会社様

  • コスト面や導入の手軽さ、クラウドサーバー管理やエクセルフォーマットによるデータ作成ができるのが魅力。

    株式会社大豊物流システム様

  • 導入前より夜間配送ドライバーへの点呼が充実し、交通事故が減少。コスト削減にも繋がった。

    南信貨物自動車株式会社様

  • 導入コストや簡単な操作が選定のポイント。深夜・祝祭日での負担軽減に役立っている。

    株式会社エネックス様

他にもIT点呼キーパーの機能なら
こんなお悩みを解決

手書きの点呼簿の管理が面倒

点呼簿の保管場所を
減らしたい

監査のたびに
点呼簿の
ファイル整理を
している

  • 全ての点呼機能・
    営業所別データを一元管理

    IT点呼だけでなく、対面点呼や電話点呼・スマホ点呼で行った記録や営業所別データの一元管理ができます。また点呼を実施したデータは運行管理者側のパソコンに永続的に保存され、クラウド上のサーバーにも2年間自動的に記録・保存されます。

  • クラウド管理で
    いつでもどこでも確認

    必要な時にパソコン・スマートフォンからいつでもどこからでも確認ができます。

  • 点呼簿の自動出力

    点呼簿はもちろんのこと、ドライバーの出勤予定表もパソコンやスマホで管理することができ、監査の際にはクラウドの情報を印刷し提出すれば完了なので、点呼簿を探す必要はありません。

事業所によって点呼の質がバラバラ

人によって記入に
ムラがある

手書きだと
改ざんされる
恐れがあり不安

指導監督と
ドライバー間での
コミュニケーションがうまく取れない

  • 自動保存機能による
    虚偽報告防止

    点呼結果は自動でクラウドに保存されるため、不正防止につながり、点呼簿の質を向上することができます。点呼の際にアルコールが検知された場合、自動で運行管理者に通知が行きます。人によって判断基準があいまいになる心配もありません。

  • 出勤管理機能や
    点呼執行率の自動計算

    出勤予定時刻の自動通知、未出勤情報を警告表示でお知らせ、出勤予定ドライバー一覧確認ができます。点呼執行率も計算できるので「出勤したのに点呼が行われていない」という状況を防ぐことができます。

  • データ管理による
    運行管理者の意識改革

    運行管理者が客観的にデータを把握できるようになり、ドライバーに点呼の注意事項をアドバイスする等、運行管理者としての意識が高まります。

運行管理者の拘束時間が長い

点呼のためだけに
出社してもらう
ことがある

深夜・祝祭日等
人員稼働が少ない時
でも
休ませることができない

人員が少ない
事業所なので、
点呼ができていない
時がある

  • IT点呼制度の対象拡大・
    要件緩和に対応

    IT点呼キーパーはスマホで遠隔地IT点呼ができる国土交通省の「IT点呼制度の対象拡大・要件緩和」に対応しています。そのため運行管理者が拠点にいなくても、遠隔地のドライバーと電話点呼・スマホ点呼ができます。

  • 労務時間約44%削減に成功

    3拠点、24時間稼働している事業所にIT点呼を導入し、導入前は24時間×3事業所で合計72時間点呼業務にかかっていたところを、2つの事業所で深夜・早朝にIT点呼を導入し、点呼の労務時間を約44%削減することに成功しました。

    ※Gマーク取得企業の一例
  • 遠隔地のドライバーの
    体調確認も可能

    遠隔地のドライバーとTV電話で点呼ができるので、ドライバーの体調も同時に確認することができます。

運行業務の管理ができていない

働き方改革もあり、
ドライバーの
負担を軽減したいと
感じている

点呼データ・
車両管理データを
合わせて
分析し、
更なる安全の向上に努めたい

  • 運転免許証の
    携帯・更新忘れを把握

    点呼結果は自動でクラウドに保存されるため、不正防止につながり、点呼簿の質を向上することができます。点呼の際にアルコールが検知された場合、自動で運行管理者に通知が行きます。人によって判断基準があいまいになる心配もありません。

  • 出勤状況、出勤予定データを
    一括取り込み

    ドライバーの出勤状況、出勤予定データをCSVから一括で取り込むことができます。

  • CSVのデータ出力機能搭載・
    他データ連携も可能

    IT点呼キーパーにはCSVのデータ出力機能がついており、様々なデータとの連携も可能です。

お問い合わせ

製品の詳しいご相談・資料請求は
下記のお問合せ専⽤フォームまたはお電話にてお気軽にお問合せください。

<お電話でのお問い合わせはこちら>

フリーコール0120-105-447

受付時間:月曜~金曜 ( 10:00~12:00、13:00~16:00 )※祝日を除く