IT点呼キーパーの導入で運行管理者の働き方が変わる|コラム|IT点呼キーパー公式
ホーム>コラム>IT点呼キーパーの導入で運行管理者の働き方が変わる

IT点呼キーパーの導入で
運行管理者の働き方が変わる

深刻な人手不足、働き方改革に必要なのは業務の見直しから

運行管理者等の管理スタッフは、運行管理のほか、営業、傭車管理、原価計算、荷主との運賃交渉等、業務範囲は広いものとなっています。
特に点呼業務については、運行体系の多様化に伴いドライバーの出発時間の幅が広がることから、早朝や深夜、休日等の配送による点呼業務が発生した場合は、運行管理者が点呼の為だけに出勤する、時間外労働で対応するなど、運行管理者の超過勤務や勤務シフトが組めないなど労務管理に苦慮しています。
また、点呼記録等の手書きでの記録と管理の煩雑さ、運行管理者不在による点呼業務が滞る事業所もあれば、24時間365日稼働している営業所もあるなど、同じ事業所内で点呼業務における作業の効率性や業務負担の偏りが問題となっています。
ICT技術を活用して作業の効率化を行うこと、事業所間における労働環境の平均化を行うことで、運行管理者等の管理スタッフの時間外労働を削減することが運送業界では急務となりました。
そこでICT技術の活用により点呼での運行管理者等の管理スタッフの労務負担を軽減するIT点呼が注目されています。

点呼業務にICT技術を活用

働き方改革の要である長時間労働是正の取り組みの一つとして国が導入拡大を行っている新たな運行管理形態の一つが、ICT技術を活用したIT点呼です。
IT点呼は、ICT技術の活用により、IT機器(TV電話やウェブカメラ、アルコール検知器等)を利用して擬似対面点呼ができるシステムです。IT機器の画面を通して点呼者とドライバーが対面で点呼を行います。

Gマーク認定されている24時間拠点などを中心に点呼機能を1拠点に集中させる運用を行えば、運行管理者等の管理スタッフの時間外労働を削減することができます。業務量、車両台数の多い営業所と少ない事業所とで点呼を集中・分散させることで、運行管理者等の管理スタッフの労働環境の平均化を行い、特定の人員に集中的に発生していた時間外労働などの労務負担を大幅に軽減させることができます。

IT点呼を導入することで、以下のメリットが挙げられます。
・運行管理者等の管理スタッフの業務時間の平均化により、時間外労働の削減ができる。
・早朝・深夜の点呼にも柔軟に対応できることで、早朝、深夜における点呼実行率が向上する。
・遠隔地での中間点呼などで、ドライバーの顔色や表情を確認しつつ、リアルタイムの会話で体調をチェックできる。
・離れた車庫への移動の無駄を省くことが可能。
など…

IT点呼の導入支援

IT点呼を行う為のIT機器については、国土交通省自動車局の交通事故防止・過労運転防止に資する機器として導入支援の補助があります。
事故防止対策支援推進事業の一環である「過労運転防止に資する機器導入のための支援」として、年度毎に(令和元年7月現在)「ITを活用した遠隔地における点呼機器」として、ICT技術を活用したIT点呼機器の募集を行い、認定された一定要件を満たす機器の取得にかかる経費に対し補助を行うことで、自動車運送事業者にむけてIT点呼の導入を推進しています。