ドライバーの命を守るアルコールチェッカー(検知器)とメンテナンスの重要性|コラム|IT点呼キーパー公式
ホーム >コラム>ドライバーの命を守るアルコールチェッカー(検知器)とメンテナンスの重要性
クラウド連携型アルコールチェッカーについて コラム4画像

クラウド連携型アルコールチェッカーについて

クラウド連携が可能なアルコールチェッカーを導入すれば、システムを通じて運行先や遠隔地でもアルコールチェックが可能になり、運行管理者は測定結果をリアルタイムで確認することができます。
設置型、携帯型の目的を問わず、Gマークを取得していれば利用することが可能です。
また、点呼結果は自動で保存され、全ての営業所の情報を一元管理できます。
その結果、虚偽報告や抜け漏れの防止につながり、手作業で行っていた点呼記録の作業が軽減され、運行管理者の労務改善も実現できます。
これまで手作業で行なっていた点呼業務にお悩みの企業様は、クラウド連携型アルコールチェッカーを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
アルコールチェッカーは、設置型又は携帯型並びに半導体センサー又は電気化学式センサーと目的や精度によって選ぶことができます。
アルコールチェッカーは半導体センサー式であっても電気化学式センサー式であっても、定期的にメンテナンスの実施をしないと精度を保つことができません。
運送事業者の点呼において、アルコールチェックとアルコールチェッカーは、ドライバーの安全を守り企業の信頼に影響与えるなど重要な役割を担っています。
アルコールチェックを行なったという事実だけで満足せず、正確性を維持する為にも、定期的なメンテナンスや、必要であれば見直しを行いましょう。

<参考URL>
アルコール検知器の義務化! | 自動車総合安全情報 - 国土交通省
アルコールチェッカーの選び方
アルコール検知器の選び方

< 点呼システムとは?
ドライバーの命を守るアルコールチェッカー(検知器)と
メンテナンスの重要性 >

人気のコラム

お問い合わせ

製品の詳しいご相談・資料請求は
下記のお問合せ専⽤フォームまたはお電話にてお気軽にお問合せください。

<お電話でのお問い合わせはこちら>

フリーコール0120-105-447

受付時間:月曜~金曜 ( 10:00~12:00、13:00~16:00 )※祝日を除く