Gマーク認定とは|IT点呼の導入資格について解説|コラム|IT点呼キーパー公式
ホーム>コラム>Gマーク認定とは - IT点呼の導入資格について解説

Gマーク認定とは
IT点呼の導入資格について解説

Gマークとは

そもそもGマークとは何か?ということについてですが、Gマークは厳しい安全評価基準をクリアし「安全性優良事業所」と認められた運送会社が使用できるシンボルマークのことです。これは高い評価を得たトラック事業所にのみ与えられる"安全・安心・信頼"の証です。

後ほど詳しくご紹介しますが、Gマークを取得するとIT点呼の導入をはじめ、違反点数の消去や基準緩和自動車の有効期間の延長等、様々なメリットがあります。
Gマークは国土交通省が推進する「安全性優良事業所」の認定制度です。取得することで安全性の高いトラック運送事業所を選ぶための目安となり、対外的な評価にも繋がります。

Gマークを取得するためには、巡回指導を行っている適正化事業実施機関に書類を提出し、公益社団法人全日本トラック協会の審査を受けて認定を受けなければなりません。
またGマークは事業所単位で認定を出す制度のため、営業所が複数ある場合は、Gマーク認定を受けたい営業所管轄の適正化事業実施機関に申請書類を提出する必要があります。新規認定事業所についての有効期限は2年間となっており、その都度更新が必要です。

ではGマークを取得できる基準は何でしょうか?

Gマークは3つの評価項目と4つの認定要件をもとに認定されます。

評価項目(2019年度)

0 項目 点数 内容
1 安全性に対する法令の遵守状況 配点40点(基準32点) 巡回指導結果
運輸安全マネジメントの取組状況
2 事故や違反の状況 配点40点(基準21点) 重大事故・行政処分状況
3 安全性に対する取組の積極性 配点20点(基準12点) 安全対策会議の実施、運転者の教育などの取り組みの自己申告事項

認定要件

1. 上記1〜3の評価連数の合計点が80点以上
2. 上記1〜3の各評価項目において上記の基準点数以上
3. 法に基づく認可申請、届出、報告事項が適正になされていること
4. 社会保険等の加入が適正になされていること

ちなみにGマークの制度は平成15年度から始まりましたが、今でもGマーク認定されているのは全事業所の28.9%(平成29年12月現在)です。

それだけレベルの高い制度なのですね…

Gマークを取るとどんなメリットがあるの?

そんなレベルの高い制度ですが、どんなメリットがあるのでしょうか。

<メリット1>違反点数の消去 原則的に違反点数の付与期間は3年となっていますが、違反点数付与後2年間の違反点数の付与がない場合、当該違反点数が消去されます。

<メリット2>IT点呼の導入 Gマークがあるのとないのとでは、IT点呼の活用範囲が変わります。活用範囲についてはのちほど詳しくご紹介します。

<メリット3>点呼の優遇 2地点間を定時で運行する場合の他事業所における点呼や、同一敷地内に所在するグループ企業間における点呼が承認されます。

<メリット4>補助条件の緩和 CNGトラック等に対する補助について、新車のみの導入に係る最低台数要件が1台に緩和(通常3台)されます。

<メリット5>安全性優良事業所表彰 安全性優良事業所のうち、連続して10年以上取得しているなど、特に高いレベルの安全性を実現していると認められた事業所は、国土交通省からの表彰を受けることができます。

<メリット6>基準緩和自動車の有効期限の延長 基準緩和自動車が適切に運行されている場合、緩和の継続認定において有効期間が最長4年間まで延長(通常2年間)されます。

<メリット7>トラック協会の助成事業の優遇 ドライバー向けの安全研修や安全装置の導入、経営診断受診について都道府県トラック協会から優遇措置を受けることができます。

<メリット8>損保会社の保険料の割引 損害保険会社及び交通共済の一部では、運送保険または自動車保険等において独自の保険料割引を受けることができます。

<メリット9>交通事故が減る 安全優良事業所となるので、安全への意識が会社全体で高まります。その結果交通事故が減り、事故が減れば保険料も下がりますので、経費の削減にもつながります。

<メリット10>対外的な評価が上がる 数少ない安全優良事業所となると、荷主だけでなく消費者からの信用も高まります。会社のイメージが良くなると、採用も人が集まりやすくなります。

レベルの高い資格とあって、取得したときのメリットは大きいですね。