ホーム>コラム>クラウドサービスとは?概要からメリットまで分かりやすく解説
クラウドサービスの導入でドライバーの安全を守る コラム4画像

クラウドサービスの導入でドライバーの安全を守る

最近ではクラウドサービスを導入している企業が多くなりましたが、運送業者やバスの運行会社もその1つになります。

運送業向けのクラウドサービスにも様々な種類があります。
例えばクラウド型運送管理システムや配車システム、運送業向けに特化した勤怠管理システムや販売管理システムなどがあり、点呼システムもそれに当たります。これらの運行業務をサポートするシステムは、ドライバーの安全運転を実現します。

真の安全運転を定着させることで、サービスを利用する管理者にとっても良い影響が生まれ、会社全体の業務改善の向上や働き方改革につながります。

クラウド点呼システムで点呼現場を革新 コラム5画像

クラウド点呼システムで点呼現場を革新

クラウド点呼システムとは、様々な点呼機能を一元管理できるシステムです。
これまで手書きで管理していた点呼簿や点呼執行率の確認などの負担軽減にも繋がります。

そしてもう一つ重要なのが、なりすましの防止です。
クラウド点呼システムを使えば、アルコールチェックの測定時は自動でカメラ撮影、そして結果は自動でクラウドへ保存されます。
その結果、対面でも遠隔地でも関係なくリアルタイムで測定結果を確認でき、なりすましやすり抜けを防止することができます。

まとめ

クラウドサービスについて、お分りいただけたでしょうか。
クラウドを導入することで、どこにいてもインターネットを通じて情報を扱えるようになり、様々なメリットが生まれます。

また最近では運送業者向けのクラウドサービスも増えており、企業の「安全」を守るためのシステムが続々と開発されてきています。
クラウドサービスをご検討中の方は、様々な面からどのサービスが自社に合うのかを考え、選択していくと良いでしょう。


【参考URL】
クラウドサービスとは?例を交えて解説!初心者にも分かるクラウド入門
クラウドとは
【初心者入門編】クラウドとは?まず押さえたいメリット・デメリット

     
IT点呼キーパーの導入で運行管理者の働き方が変わる >

人気のコラム

お問い合わせ

製品の詳しいご相談・資料請求は
下記のお問合せ専⽤フォームまたはお電話にて
お気軽にお問合せください。

<お電話でのお問い合わせはこちら>

フリーコール0120-105-447

受付時間:月曜~金曜 ( 9:00~18:00 )※祝日を除く