トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について|コラム|IT点呼キーパー公式
ホーム>コラム>トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について

トラックドライバーの高齢化と
ドライバー不足問題について

  • トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について TOP画像
  • 日本では高齢化が進み超高齢化社会に突入したと言われておりますが、運送業界においてもトラックドライバーの高齢化が問題となっております。
    今回は運送業界におけるトラックドライバーの現状と今後についてお話したいと思います。
トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について コラム1画像

トラックドライバー高齢化の現状

トラックドライバーの高齢化が進んでいると言われていますが、実際にどれくらい高齢化が進んでいるかはご存じでしょうか?


総務省の労働力調査(2020年10月)によると、道路貨物運送業に就業している人の44%は40代~50代前半でした。
29歳以下の若年層割合はたったの10%でした。60代以上は16%となっており若年層よりも多い状況となっています。
現状のままでは現在40~50代のドライバーが定年退職を迎える10年20年先には、深刻なドライバー不足に陥ってしまいます。


トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について グラフ1画像

※トラック運転者以外の就業者も含む 
総務省「労働力調査」2020年10月調査 年齢階級、産業別就業者数より


また、全日本トラック協会のトラック運送業界の景況感によると、労働力の不足感はやや改善傾向にはありますが、依然として64%もの事業者が不足と感じているようです。このように若年層ドライバーだけではなく、業界全体としてトラックドライバーが不足しているのが現状です。


トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について グラフ2画像

※公益社団法人 全日本トラック協会 
トラック運送業界の景況感(各年10月-12月期)より

また、全日本トラック協会のトラック運送業界の景況感によると、労働力の不足感はやや改善傾向にはありますが、依然として64%もの事業者が不足と感じているようです。このように若年層ドライバーだけではなく、業界全体としてトラックドライバーが不足しているのが現状です。

トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について コラム2画像

ドライバー不足の要因

要因として考えられるのは、道路貨物運送業の賃金が全産業と比較して低いからではないでしょうか。厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、全産業平均よりも約14%も年間所得額が低い結果となっています。道路貨物運送業界では運賃の低価格化が進み、そのしわ寄せによりドライバーの低賃金化を引き起こしました。


トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について グラフ3画像

※トラック運転者以外の就業者も含む 
厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より


その他にも他業種と比較して労働時間が長いことも原因の一つとして考えられます。
全産業平均と比較して約18%も労働時間が多くなっており、1ヶ月あたり32時間も多く働いている計算になります。
業務上、荷待ちや積み込み作業などが発生してしまうため、結果として長時間労働に繋がってしまう傾向があります。


トラックドライバーの高齢化とドライバー不足問題について グラフ4画像

※トラック運転者以外の就業者も含む 
厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より

最新ニュ┃ス無料DL

無料で資料請求

製品の詳しいご相談・資料請求は
下記のお問合せ専⽤フォームまたはお電話にて
お気軽にお問合せください。

<お電話でのお問い合わせはこちら>

フリーコール0120-105-447

受付時間:月曜~金曜 ( 10:00~17:00 )※祝日を除く